SOLUTION

情報システム​コンサルティング

「システムのためでなく、ユーザー、ビジネスの

ために」をモットーとし、ゼロからイチを生み出す

企画フェーズの支援をさせていただきます

業務要件やシステム要件を明確化
多角的な視点で

お客様のニーズに合った最適解を。

このようなお悩みありませんか?

スクリーンショット 2022-11-21 16.45.52.png

IT戦略の可視化

IT戦略は描けるが、経営層に理解してもらうのが難しい        

(非オンライン)のクラウドの雲のアイコン.png

クラウド導入

クラウド導入を検討しているが、

どうやってよいかわからない

人脈アイコン1.png

組織運営

メンバーがついてこない
任せれるマネージャーがいない

タッグのアイコン.png

ベンダー選定

ベンダーが自社都合ばかりでこちらのことを考えてくれない
ベンダーへの依存度が高く、システムを人質にとられていると感じたことがある

スクリーンショット 2022-11-21 16.41.09.png

プロジェクトが進まない

プロジェクトがうまくすすまない
なんども課題をぶつけているが解決に向かわない。        

スクリーンショット 2022-11-21 16.53.07.png

内製化強化

内製メンバーが育たない

Untitled.jpg

​解決をお手伝いします

IT部門は、ビジネスの最高責任者である経営者や、ビジネスを推進する業務部門の責任者のやりたいことを実現する仕組みをシステムとして構築し、支える必要がありますが、現在使っているシステム基盤を前提としているために、問題解決が難しく、スピーディに対応できないケースがあります。

このようなシステムの複雑性をビジネスマネージャーに説明することも仕事のひとつですが、やりたいことを実現させることが難しいという説明は容易ではありません。
全体バランスを崩して願い事を叶えることができたとしても、それが将来の負債になることもあります。

ビジネスマネージャーに対する説明、そして実行の承認がなされたあとにもメンバーにもチームプレイとして推進をしていく必要がありますが、言葉での説明に苦労したことはないでしょうか。

言葉でなく、イメージできる資料をつくり、目先でなく全体感を持って会話をし、ぶれない認識あわせをして仕事を進めていくことが回り道でなく、しっかりとした階段を登っていく手法だと考えています。

​SERVICE内容

CEO

担当者

PM

部門長

顧客

業種、業態、事業規模を問いません

(50音順)

※掲載許可をいただいた企業のみ

​CONTACT

DXやAWSでお困りの方、プロジェクトを推進したい方​、まずはお気軽にお問い合わせください。

後日、担当者よりご連絡差し上げます。

送信が完了しました。